【水平線の使い方】水平線に何を見る?!

イン&アウトプッツ
Shin
Shin

水平線を眺めるって良いよね~

ドルX
ドルX

輸出先を想い描いているの?!

Fポン
Fポン

あ~香港ね

Shin
Shin

行かせないで!!!!!

日本の豚肉輸出量トップは『香港』です。まぁ関係ないですけどね。。。という事で今回は水平線について試行錯誤していこうと思います。

水平線とは

Shin
Shin

水平線てなんだろう?!

ドルX
ドルX

水平の線です!!

Fポン
Fポン

しゅ~りょ~う!!!

Shin
Shin

マジ?!

水平線は、海(海面)と空の境界線の事です。

という事で終わらす事も出来ないので・・FXでは水平線はとっても大事な役割を果たす1本の線です。先程の『海と空の境界線』と似ていますが、FXでは『買いと売りの境界線』がFXでいう所の水平線です。

水平線には2種類ある事を知っておく

水平線には2種類あります。『レジスタンスライン』と『サポートライン』です。

この2種類が基本と言うか・・これしかありません。

『レジスタンスライン』は、上に行かせないように買い圧力を抑える壁です。買いの圧力を抑えるという事は売りが買いよりも大勢いるという事です。なのでレジスタンスラインを超えると巻き込んで上昇していきます。

『サポートライン』は、下に行かせないように売り圧力を抑える壁です。これもレジスタンスラインと一緒でラインを超えると巻き込んで下降していきます。

この壁(ライン)を抜けてしまうと、次の平行線までチャートが目指す可能性が凄く高くなります。突破する事で方向性が決まると言っても良いでんがな!

水平線の引き方を知ろう

水平線は、ただ線を引けば良いってものではありません。私も当初は引きまくってましたが『意識されている線』を引く事でトレードの良し悪しが決まってきます。

実際に引いてみたいと思います。

ポンドドル15分足チャートです。

3本位水平線を引いてみました(-。-)y-゜゜゜

ここで良く意見が分かれるのは、『ヒゲか?!実態か?!』という事だと思いますが個人的には『臨機応変』にやれば良いんじゃない!?て思います。

個人的な差があるかも知れませんが、水平線はサポートとレジスタンスの両面を持っています。という事はトレードする上で損切や利益確定の指針にもなります。

なので過去を見てヒゲの到達点も意識させそうだと感じたらヒゲを踏まえて水平線を引いています。ダブルトップとかね~。あくまでも個人だぉ(-。-)y-゜゜゜

『そこ』しか見ていない水平線は意味がない

Shin
Shin

私だけを見て!!!!

ドルX
ドルX

いや、マジ無理だし

Fポン
Fポン

いろんな豚を食べて決めるし~

Shin
Shin

いや、それ味見!!!!

なぁんて、つまらない冗談は置いといて先ほどの15分足に水平線を引いてみて『良しトレードするか!』と意気込むのは早いです。なぜなら15分足なんて数ある時間足の1部だからです。

15分足だけを見てトレードしても、それは小さい世界でしか生きていない小人の様なものです。他の世界を経験して初めて全世界を知る事が出来るのです・・・ちょっと意味が・・

実際に先ほどの15分足を1時間足で見てみましょう。

1時間足で見ると、15分足で引いた水平線が小さい事( ゚Д゚)そしてなんだか15分足で引いた線が1時間足でも意識されている所もありますよね?!でも、ん~微妙なんて水平線もあったりして小さい時間でしか見てると見えなかったものが見えてきている気がしてきませんか?!

そして、日足を見てみましょう!

15分や1時間なんてちっぽけな時間だな( *´艸`)って思いませんか?そして『水平線違くない?!』なんて思ったら消しちゃいます。15分足ごときで意識されていてもしょうがないじゃんて思いません?会社で同僚に評価されていても給料なんて上がらないし、どうせなら社長に評価された方が良いじゃん!!!給料上げろや!!!!

あっ、日ごろのストレスが・・・( ゚Д゚)

とまぁ、1つの時間足の水平線だけに拘るのは危険て事です。( ;∀;)

ちなみに私は、週足・日足・4時間・1時間でそれぞれ水平線を引いて15分足には何も水平線を引かずにトレードしています。

長い時間足の方が影響力が大きいので、15分足で引いたところで大した意味はないと思ってます。例えば15分足でダブルトップやトリプルトップ、レンジが起きた個所はチェックして長期足で意識されているか確認は必ずします。

水平線を使ってトレード予測をたててみよう

Shin
Shin

参考になるかわからないよ

ドルX
ドルX

じゃ、帰るわ!!

Fポン
Fポン

1円にもならないなら帰る!!

Shin
Shin

おーーーーーーーーーーーーーーーい

本当にありきたりなので、つまらなかったら申し訳ございません。。。。

個人的なトレードチャートの基盤は15分足です。これには理由があって『落ち着くから』です。5分足でエントリーする事もあるんですが、5分足だと全然落ち着かなくて誤った判断をしてしまう事が多々あります。なので失敗を少なくするために15分足でエントリー個所を判断してエントリーしてます。

ただ、15分足でチャートを開くと説明しにくいので1時間足を載せますね。

では、ドン!!

いたってシンプルですが・・・( ゚Д゚)シンプル過ぎて拍子抜けしてしまうかもしれません。私がトレードに使っているのは、今はこれだけです。トレードしている様子も見れちゃってますね。。。

冒頭より後ろの方で話していますが、私は週足・日足・4時間足・1時間足の各時間足で水平線をひいています。なので全部黒!!!ってわけにもいかないので色分けして分別してます。わかった人も居るかもしれませんがMAと同じ色にしてわかるようにしています。

トレンドラインなんかも1時間足で引いたラインは色をわけています。

水平線のトレードは、これだけです。水平線を抜けて戻ってきた所をエントリーします。ただ、長期足が上なのか下なのかにもよりますよ。

日足で下降しているのに、1時間足で上昇していたら、『あれ?!』と思ってください。絶対にエントリーしない方が損をなくせます。このような場合は再度検証してからでも遅くはありません。なぜなら日足で売り、1時間足で買いの場合は大きな局面はありません。拮抗していることがほとんどです。レンジ相場ってや~~~~つです(‘ω’)方向性が出てからでも十分ですのでじっくり検証して投資家心理ってやつを見透かしてやってください。

最後に・・水平線は生き物です。ずーっと同じラインが機能する事はありません。ちょこちょこ餌をやりながら成長させてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました