【FX】売りの水平線と買いの水平線を探す旅

検証・分析・過去指標
Shin
Shin

今日はFXっぽい事を語ろうと思います。

ドルX
ドルX

毎回語れ!!!

Fポン
Fポン

豚語でな!!

Shin
Shin

ブブ!!

Fポン
Fポン

クサッ!!

毎度の前置きですみませんm(__)m

FXトレードをしていると、必ずと言って良いほど『水平線』と言う言葉を耳にするかと思います。

水平線には、2種類あってレジスタンスラインとサポートラインが有名ですが、これって考え方を変えると

売りを意識している水平線買いを意識している水平線

と言う風にも捉える事が出来るんじゃないかと思って、検証してみようという事になりました。

売りと買いが意識される水平線

実際にチャートを利用して検証してみたいと思います。

今回は『ドル/円日足』で検証してみたいと思います。チャートかも~~ン!

ドル/円日足チャートが出てきました。パッと見ているだけでも何となく見てて来ていると思います。

全体的にチャートをパッと見ると・・売りと買いが意識されていますね。

細かく引く事もありますが、FXは大衆心理が働いています。最初の頃はわかりやすい所だけでも十分だと思います。

青い矢印に売りの水平線、赤い矢印に買いの水平線を引いてみます。

神経質になりがちな水平線ですが、個人的にざっくりと転換する部分を引いていけば良いと思います。

この部分だけで本当にあっているのか?!

あくまでも、個人的な見解です。

買いと売りの水平線を引きましたが、個人的にはもっと信頼性をもった水平線にしたいので、

過去にタイムスリップしたいと思います。とは言っても過去にスクロールして合っているか確認するだけです。もちろん未来も見ないと始まりませんね。

過去チャート

少し未来のチャート

そして現在

過去から今までのチャートをスクロールで見るのは、そんなに時間がかからないので良かったらやってみて下さい。

それにしても、売りと買いがしっかりと意識されている線だと思いました。

今現在のチャート見ると、もうすぐ買いの水平線に到着しそうですね♪

もちろん反発していくかどうかは確実ではありませんが、待ってみる価値はあると思います。

その他にも水平線の信頼性を向上させるもの

FXで利益を出すのに検証を惜しんではいけないというのが、個人的な持論です。

水平線をひいては見たものの、全然信頼性のない水平線でピクリとも反発しないのでは水平線の意味もありません。

私は、水平線を引いて過去や未来に必ず当てはめる事はしています。

しかし、それだけでは物足りないと思っていますのでリアルタイムで検証しして水平線の強化をしています。

少ない情報かもれませんが、参考になれば幸いです。

レッツ!オーダーブック!

オーダーブックは有名ですよね。様々な業者のオーダーブックがあるので迷うかも知れませんが、私はOANDA(オアンダジャンパンンパン)のオーダーブックがダントツで使いやすいと思います。

オーダーブックには、FXトレーダー達の逆指値注文や指値注文が入っていてトレードの目安となりやすいのが特徴です。

オーダーブックだけで取引している人も居る位ですので、信頼性が高いと思います。

自分が引いた水平線とオーダーブックを照らし合わせてみて、水平線と同じ位の値にオーダーが入っていれば、水平線の強化としてはナイスだと思います。

これで、自分が引いた水平線の信頼性を確認する事が出来ますね。

様々なテクニカル分析で確認する

これは、インディケーター等を駆使した検証分析で水平線の価値を高めていきます。

様々なやり方があるので、全ては書きませんが

私は、フィボナッチと移動平均線を表示させて水平線の強化を図っています。

エントリーは5分足か15分足なので、上位足でフィボナッチを表示させて、上位足の移動平均線を5分チャートと15分チャートに表示させて水平線と同等になってきたらエントリーしていく形が多いです。

水平線は、様々な検証を経て強くもあれば弱くもなります。

今回の検証では、売りの水平線と買いの水平線がある事は間違いないかと思います。

しかし、安易に信じすぎず安易に疑わず

検証を重ねて水平線を見極める様にすれば、いい結果が訪れると思います。

最後まで有難う御座います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました