全ての時間を制してFXトレードを制す!!

イン&アウトプッツ
Shin
Shin

時間を制すものはFXを制す

ドルX
ドルX

制してから言えよ!

Fポン
Fポン

時間で価値が決まる?!

Shin
Shin

それ熟成時間な!!肉の!!!!

今回は、FXトレードするうえで超重要な横軸の時間について考えてみたいと思います。チャートを見ると、どうしても縦の値幅を意識する事が多いですが、結構見落としがちなのが横の時間軸です。何気に意識はしていてもFXトレードしていると夢中になって忘れがちですが、しっかり把握すればFXトレードにも余裕がでて、ちょっと用事すましてチャート見るなんてことも出来ますので興味があれば読み進めてみて下さいな。

3大市場の時間を把握しなきゃFXは始まらない

まずは、3大市場の大まかな時間軸を知りたい!!なんて事もあったので図?グラフ?、どっちでもいいや( ゚Д゚)

FX市場は3つに大きく分類してます。・・巷では・・・( ゚Д゚)

それが、東京・ロンドン・ニューヨーク(入浴)です( *´艸`)

下がFX3大市場と言われる東京・ロンドン・ニューヨークの時間ですよ….多分な(‘ω’)ノ

東京ロンドンニューヨーク
株式市場(現地時間)9時~15時8時~16時30分9時30分~16時
夏時間(日本時間)9時~15時16時~0時30分22時30分~5時
冬時間(日本時間)9時~15時17時~1時30分23時30分~6時
時差夏 8時間
冬 9時間
夏 13時間
冬 14時間

こうしてみると、『あれ?!そういえばチャートに動きが出ていた時間じゃん』なんて思う事もしばしばあったり、なかったり( *´艸`)

MT4みていると、慣れるまでは時差が6時間だったり、7時間だったり、ロンドンとの時差、ニューヨークの時差だったり面倒なので日本時間で覚えた方がわかりやすいかもしれません。

今回は、日本時間を主において時間軸について語っちゃおうかと思う所存でありんす(‘ω’)ノ

グッドモーニング 

さぁ、朝がやってきましたよ~

会社が始まる1時間から30分前には出勤しますよね?!

日本だと朝礼やって、今日の戦術なんて考えてみたりなんかして( *´艸`)

海外だと食パンくわえて、コーヒー片手にイスをグルングルン回しちゃったりして、朝は皆気合入りまくりなんじゃないですか?!

『ヨシ!!!狩りに行くぞ!!鷹狩じゃ!!』

って位の意気込みで仕事に没頭する時間が朝なのです!!

午前中は脳も活性化して働く時間なので、二日酔いの方以外は結構集中する時間なんです。

それに、結構な勢いで前日の残ってた仕事を片付けたり、居ない間のメールを返信したりしませんか?

日本でも海外でも大体仕事のスタンスは一緒( *´艸`)

FXも一緒です。市場がオープンした時間は、活発に値が動きます。

特にロンドン・ニューヨークは日本とは比べ物にならないくらいの資金が動きますし市場参加者も多いので注目度はNO1の午前中です。

さっきの表と照らし合わせて、お楽しみください(‘ω’)ノ

さて、昼飯たーべよ

皆さんも昼飯食べるでしょ?!

飯抜きで仕事するなんてナンセンス!!ってなわけですよ(‘ω’)ノ

特に海外はね。前場・後場なんてTwitterでも専門用語が出てくるように、お昼時間は休憩しているので中々チャートも動きにくいのが現状ですね( ゚Д゚)

だから飯食べよ(‘ω’)ノ

昼飯食ったしやってやんぞ!!!!

さぁ、昼飯も食べたし午後の仕事も張り切ってやんぞ!!と言わんばかりにチャートは少しずつ動いていきます。

二日酔いの方々が活発に働きだすのは昼食後です!!

ここから何を目的に相場が動いていくかというと、『その日の目標の達成』ではないかと個人的には思うのであります。

仕事をしていると、必ずしも訪れる月単位・週単位・〆単位・1日単位の目標というものがあるんじゃないかと感がています。それに向かって突き進むのが心情ってもんでしょ(‘ω’)ノ

そして目標を達成して後は・・・帰るよね(‘ω’)ノ

仕事が終わる前にトレーダーは何をするのか

さて、疑問に思う事は・・仕事を終わる前やトレーダーがトレードを終了するときに何をするのか?!

それを自分に置き換えてみると思う事は一つだけ。

ポジションを閉じるという事

これに尽きると思います。

注目したいのは、日本時間の15時とロンドン市場が閉まる1時30分(冬時間)

なにせニューヨークの閉まる時間には起きてない・・・( ゚Д゚)

スイングトレーダーなんてポジション閉じる事はないかもしれないけど、まぁまぁポジション閉じる量は半端ない気がしません?!特にロンドンなんてさ(‘ω’)ノ

もし暇な時があったら気にしてチャートを見てみて下さい。きっとヒントが見つかるはずです。

通貨のレートが決まったらシゴオワ(‘ω’)ノ

東京時間で9時55分に決定するのが『仲値』と呼ばれるものです。国内外の通貨の交換レートが決まる瞬間です。

海外旅行の前に日本円を外貨に交換しますが、その日の交換レートは日本時間の9時55分に決まります。

この仲値ですが、私は兼業なので中々見れないですが本業が休みの時は9時くらいからボーとチャートを見て、9時半~9時55分まではマジマジと円がらみのチャートを1画面で見てます。

この価格にしたい!!なんて思惑が仲値にはひしめき合っているので、投資資金を増やして価格を上げて行ったり、下げて行ったりしていきます。

もちろん、仲値が決まれば皆去っていきますので9時55分~今までの動きと逆の動きをする事が多いです。

多分、仲値を良い値で決まった瞬間に『仕事終わったぜ』なんて思う人も居るかもね( *´艸`)

仲値が決まるまでは動く方向にエントリーして、仲値が終わったらポジション閉じる人がいるかもしれないから、逆方向にエントリーもありカモン(‘ω’)ノ

俺のロンドンフィキシング

大それた名前ですが、内容は大したことないかも( *´艸`)

俗に言う『ロンフィク』は、ロンドン市場の最終局面ともいえる金の値を決める時間の事です。

イギリスのロコ・ロンドン金市場で金の値を決めます。

冬時間では日本時間の1時、夏時間では日本時間の24時に金の値が決まります。

そして、金の値が決まった30分後にロンドン市場が閉まります。

月末のロンフィクは動くなんて事もちらほら言われています。あと5・10日とか( *´艸`)

ちがうブログで月末のロンフィクをポンドルで取引している人がいましたが、ロンフィク1時間前からロングエントリーして9か月の通算で110pip位とってましたよ( ゚Д゚)

実は、私も5・10日と月末、4半期や半期のロンフィクは注目しています。

取引がドル建が万国共通ですので、こういう時は決算や取引が集中するような時は特に動きが活発になります。稼ぎ時やんか(‘ω’)ノ

オプション取引が終わったら?!オップション((+_+))

NYカットオプション取引については詳しく別記事でやらないとネタがなくなるので・・・

でも、殆ど、多少は、なんとなく書くか(‘ω’)

オプション取引は、未来の価格を売買する権利を取得する事を言います。

FXに限らず、他の投資でもオプション取引を行う事が出来ます。バイナリーオプションもオプション取引の1つかな( *´艸`)

例えば、20日にドル円105円で買えるオプション取引の権利を取得したとします。そして運命の20日になりました。ドキドキしながらチャートを見ると・・なんと108円!!!

やった!やった!やったぞー!!と私ならジャンプするくらい飛び上がります。

なぜなら、105円で買える権利を持っているんです。

という事は、108円の今

3円の利益が確定したという事です。100万通貨なら・・・300万( *´艸`)

とんでもない利益やんけ~!!!と言う事で利益確定!(^^)!

と言う事がオプション取引には起こるんです。

まぁ、詳しくはウエ~ブで!!波やんけ!!

Shin
Shin

おしまい( ゚Д゚)

コメント

タイトルとURLをコピーしました