豪ドル取引に適した時間を考えてみる

ちょっとした戯言
Shin
Shin

どうも、腐ってもブタSHINです(‘ω’)ノ

ドルX
ドルX

そりゃそうだろうよ

Fポン
Fポン

ブタがクマには成れないからね

Shin
Shin

そうなんだけどさ。。

豪ドルは、オーストラリアの通貨です。

以前は、ポンドと並んで殺人通貨なんて呼ばれていたのでボラが大きかったのではないかと思います。

現在でも、ポンド豪ドルやユーロ豪ドルは1日に1円以上も動いているのは見ますのでボラを好む人には良いかもしれませんが危険な香りがいっぱいしますね。

この豪ドルはオーストラリアの通貨ですので、オセアニア市場が活発に動くのではないかと思いますが、ニューヨークや東京市場でも動きます。

これから、豪ドル取引に適した時間帯を考えていきたいと思います。

興味がある方は、読んでみて下さい。では、どうぞ(-ω-)/

豪ドル取引に適した時間帯

豪ドル取引に適した時間帯は、

東京時間前半ニューヨーク時間です。

なぜなら全体的なボラが、上記の時間帯で大きいのが検証でわかります。

東京時間前半はオセアニア時間とも被るので、オセアニア時間後半とも言えますが、ここはあえて東京時間前半にしておきます。

東京時間前半は、中国の市場が始まる時間帯でもあります。

豪ドルは人民元の代替通貨通貨として用いられることが多く、経済面なども中国の影響を大きく受けます。

そういった背景があり、中国市場がオープンする時間帯や経済指標が発表される10時頃に動く傾向が見られました。

東京時間を見れるときがある時は、9時~11時頃の豪ドルは注意して見ておくとエントリーチャンスがあるかもしれませんね。

もう1つは、ニューヨーク時間です。

ニューヨーク時間は、全通貨に対してボラが出てきます。

豪ドルは、米国株価の影響も受けやすいのでニューヨーク時間には注目したいですね。

ということで、豪ドル取引に適した時間は東京時間前半かニューヨーク時間に絞った方が良いという事ですね。

いろんな時間帯を検証して、時空を制覇していきましょう(‘ω’)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました