FXでのナンピンは悪か?!正義か?!

イン&アウトプッツ
Shin
Shin

ナンピンで生き残る事はあるのかい?!

ドルX
ドルX

ナンピンナンピンナンピン

Shin
Shin

グハァッ( ゚Д゚)

Fポン
Fポン

( ゚Д゚)ハァ?

くだらないやり取りは置いといて、今回はナンピンについて理解を深めていきたいと思います。

ナンピンとは何ぞや?!

ナンピンは、トレード手法でありながら資金管理の一部と理解した方が良いかなと思います。

ナンピンの簡単な言い方をすれば、

最初のエントリーが100円のロングだとします。

下がって来てしまって、95円で追加ロングをしました。

この場合、両方を見てしまう事もありますが2つを1つのエントリーと捉えれば

100円+95円=195円となります。2つのエントリーですので195円÷2=97円50銭になります(‘ω’)ノ

ナンピンをした事で、97円50銭でロングエントリーしたことにする事が出来ます。

100円でロングした時よりも割安になり、95円でエントリーした時点では割高になります。

この場合は、97円50銭より上に相場が動けばトータルでプラスに転じる事が出来ます。

ショートエントリーしたときも同じです。

ナンピンは諸刃の剣と言われる事も?!

ナンピンは、諸刃の剣みたいに言われる事もあります。

ロングの場合は、下がったらナンピン

ショートの場合は、上がったナンピン

これが更に下がったり、上がったりしてしまえば損失が膨らんでしまいます。

諸刃の剣とは言われるのもわからなくはないですね( ゚Д゚)

しかし、しっかりとしたルールを持っていればナンピンは優秀なトレード方法であり、資金を守る資金管理の手法だと思います。

個人的にもルールを設定してナンピンを使用しています。

私のナンピンの仕方とルール

ここからは、私の個人的なナンピンでのルールになりますので参考になればと思って紹介していきます。

私がナンピンを使用する時は、

ナンピンをする場面
  • サポートライン付近
  • 天井・天底
  • MA反発

この3つです。

いろんな場面で使用する事も出来ますが、今のところ上手くいっている場面をチョイスしてトレードしていますので、3つが主流になっています。

そしてルールはいたって簡単です。

ナンピンした時点から、10PIPで損切りします。

週足や、日足などの長期足を確認して損切りしますが、基本的にはナンピンして逆行したら私の場合は失敗に終わる事が多いので即損切りします。

損切りして、意識した方向に動くようであれば再度エントリーすれば良いだけですので無理はしません。

1っ発目は大きいロットでは取引しない

私は、ナンピンをする可能性が高そうなエントリーの場所では、ロットを通常の半分にしてエントリーするようにしています。

レジスタンスラインやサポートラインでは、ヒゲの部分もありますしロウソク足が微妙に違う個所もあります。サポートラインの下に、110円と言う数字があれば意識される事もあると思います。

若干反発がずれそうだなぁと感じれば、ナンピンする可能性も考えてトレードを変えています。

その場合に、最初のエントリーが通常ロットでは損失が出た時にナンピンしても意味がなくなってしまうので

必ず最初のエントリーは、通常の半分のロットでエントリーする事を心掛けるようにしています。

買い増しも売り増しも結局ナンピンだし( ゚Д゚)

ナンピンは諸刃の剣と言う人もいますが、トレンド相場で買い増ししたり、売り増しををしてエントリーする事も結局はナンピンと一緒です。

トレンド相場では、利益が出ている状況で戻したらエントリーをしていきます。

例えば、110円でエントリーした場合に115円まで戻して買い増ししたら

110円+115円=225円  これをエントリー回数の2で割れば112円50銭です。

112円50銭を下回れば、損失が出る事になります。

ナンピンも買い増しや売り増しも同じという事です( ゚Д゚)

コメント

タイトルとURLをコピーしました