FXトレードに欠かせない心理『プロスペクト理論』

イン&アウトプッツ
Shin
Shin

体重増加は含み損、体重減は含み益

ドルX
ドルX

マジか(・_・;)

Fポン
Fポン

キビシー((+_+))

という事で、今日はFXトレードにおいて欠かせない心理。プロスペクト理論について興味が湧いたので書いていこうと思いマングローブw

Fポン
Fポン

ウッザ~!!!

Shin
Shin

・・・・・・・・・・・・

プロスペクト理論?!そんなに大事かよ!!!

私はSNSを活用しています。TwittreではFX投資している方々が良く『プロスペクト理論』について投稿している人たちを目にします。

そんな事があり、プロスペクト理論を『そんなに大事かよ!!』と思った事がきっかけで自分なりに調べて理解して突破口を見つけよと思った次第です。

結果的に、凄腕FXトレーダーさん達の言うとおり、『プロスペクト理論』は

凄い大事!!!!

という事に気づかされました((+_+))

プロスペクト理論とは

プロスペクト理論は簡単にFXで言うと

  • 利益は早く確定したくなる(確実性を求めたがる)
  • 損失は我慢できる(損を回避したい)

この2つが巷で良く言われているFXトレードにおける『プロスペクト理論』じゃないかと推測がつきました。

個人的な見解だと、この2つの定義は『損をしたくない気持ち』から来る行動心理ではないかと思います。

『損をしたくない気持ち』から来る行動として

  • 損をしたくないから利益が出たらスグに利確してしまう
  • 損をしたくないから損失が利益にならないか期待してしまう
Shin
Shin

もう待てな~い

ドルX
ドルX

ちょっ、待てよ!!

Fポン
Fポン

沈めブタ!!!

Shin
Shin

扱い!!!!!!!

『あっ、利益が出た!!もしかしたら反転して利益がなくなっちゃうかも知れないから、今のうちに利益確定しておこう』

『損失が出っちゃってる・・でも次の水平線や移動平均線で反発しそうだから少し待ってれば戻るんじゃない!?』

これ、完全に体験した事があります。

ドルX
ドルX

小心者!!!!

Fポン
Fポン

沈め!!深く!もっと深く!!

Shin
Shin

唯我独尊

損失を出す事は避けたい、そんなの当たり前ですよね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

プロスペクト理論から犯罪者を出す事も?!

損失を出したくないという事は=失いたくないと言う衝動に駆られます。

例えば、ストーカーなんかはプロスペクト理論に当てはまる行動じゃないかと思います。別れた人がストーカーになるなんて良く聞きます。

時には重大な事態になりかねないほどの事件にも繋がります。失いたくないという想いは、それだけ人を狂わせてしまうものなんですね(T_T)

Shin
Shin

別れないで!!!

ドルX
ドルX

魅力あるの!?

Fポン
Fポン

最後食べれる位だろ!?

Shin
Shin

別れるで良いです。。。

プロスペクト理論を克服してFXトレードに活かそう!!

『損をしたくない』そんな心理から利益確定を早めてしまい、損失を膨らませてしまう行動心理『プロスペクト理論』ですが、機械的に行なう事で克服する事は可能です。

実際に私が実践しているやり方を紹介します。たいしたトレード経歴が無いので簡単な事しか紹介出来ませんが

Shin
Shin

許してね♪

ドルX
ドルX

いや、ブタの極み

私がトレードで活用しているやり方は、

  • 損切、利確の設定
  • イフダンオーシーオーの活用

大した事が無い2つだけです(-_-;)

この2つは予め、損切と利確を注文時に設定できるので機械的な損切と利確が出来ます。

ただ、やみくもにトレードするわけではありません。

損切<利確になりそうなポジションを見つけてトレードしていきます。

私の場合は、損切が1だとすると利確は1.5~2を基準としてます。

相場やテクニカルを見て、損切と利確の対比が合っていなければトレードは見送る様にしています。

FXトレードする上では、個人経営者みたいなものですから損益の計算はしないと赤字転落してしまいますからね(T_T)

4戦2勝でも利益が乗るように設定して、そのトレード相場がきたらトレードする。トレードする時も確率が高い場所でトレードするようにすれば4戦2勝は難しくなくなります。

だって、トレードした時には既に勝率は50%あるんですからね。

感情が邪魔をするFXですが、機械的な戦略で『プロスペクト理論』を克服しましょう!!

最後まで有難う御座います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました