チャートが動く原因を作るニュース5選

イン&アウトプッツ
Shin
Shin

今日は気になるニュースがあるんだよね~

ドルX
ドルX

どんなニュース?!

Shin
Shin

占い1位だった( *´艸`)

Fポン
Fポン

パンデミック!!

相場はランダムウォークです。

しかし、時に相場を動かく方向性を明確にしてくれる自体が起きる事もあります。

また、方向性が明確になっていたにも関わらず一言二言で方向性がなくなってしまう事態が起きる事もあります。

その原因を作っているのが、5つのニュースです。

どういうニュースで相場が動くのか?

これを知っているだけでも、FXの知識量が違ってくると思います。

もし、5つ言えないようであれば

今回を機に、相場を動かす5つのニュースを知って頂ければと思います。

相場を動かす5つのニュース その①

相場を動かす5つのニュース その①は

各国の経済指標です。

これは、FXでトレードしている人は殆ど知っているのではないでしょうか?

FXの口座を開設していれば必ずと言って良いほど目に飛び込んできます。

口座を開設していなくても、FXの総合サイトなどで閲覧する事が出来ます。

経済指標は前情報から、相場に織り込まれていることが多いです。

ですので、目まぐるしく相場が動いたり、方向性が一転するようなことは殆ど起きない事が多々あります。

しかし、予想を超えた場合は例外です。

予想値が多少上下する事はありますが、予想を大幅に超えた場合は相場が大きく動くこともあります。

特に大注目されている経済指標が、予想値を大きく超えた場合にはトレンドが転換したり、レンジがトレンドになったりと相場が激しく動く可能性があります。

注目度が高い経済指標がある国の通貨を保有している場合は、十分に注意が必要です。

また、注目度が高い経済指標の前はトレードを控える事をオススメします。

相場を動かす5つのニュース その②

相場を動かす5つのニュース その②は

金融政策です。

金融緩和や金融引き締めの際に、チャートが動きます。

日銀や中央銀行などが経済指標や経済の状況に応じて政策金利を決めていきます。

日銀のマイナス金利発表や各国の金利引き上げなど、金利が変更されるときはチャートの変動が目まぐるしく起こる事があります。

金融政策が発表されるときは、安易にトレードすると損害を被るギャンブルトレードになりますので控えて結果を見てから方向を確認してトレードした方がリスクは軽減されます。

相場を動かす5つのニュース その③

相場を動かす5つのニュース その③は

各国の政治情勢です。

政治情勢といえば、最近まで話題になっていたブレグジットですね。

国民投票でイギリスがEUから離脱決定となったときは、ポンドやユーロが信じられない位に動きました。

こういう政治情勢は、普段では中々捉えにくいのでトレードする日は、『どういった政治情勢があるかな?』と海外ニュースやFXサイトなどを見ておくと良いと思います。

SNSでも情報が流れていますが、自分で見る癖をつける方が資産になりやすいと思います。

相場を動かす5つのニュース その④

相場を動かす5つのニュース その④は

要人発言です。

日銀総裁や中央銀行総裁とうの発言は、相場を動かす要素になります。

国の金利が変わらなくても、こういった金融政策を握る銀行総裁が今後の可能性を示しただけでも為替市場は大きく動くことがあります。

要人発言では、大統領なども含まれます。最近では頻繁に発言をしなくなりましたが、大統領のSNSの発言だけでも動くことがありました。

この様に、SNSなどの突発的な要人の発言はいつ起きるかわからない事が盲点です。

こればかりは注意していてもわかりません。

ただし、記者会見や政策金利の発表などは情報がありますので注意深くアンテナを張っていればわかります。

もちろん、トレードしている最中であれば十分注意しておいた方が良いですよ。

相場を動かす5つのニュース その⑤

相場を動かす5つのニュース その⑤

自然災害です。

大きな地震や山火事などもそうですが、自然災害によって経済に大きな打撃を与えてしまうようなことがあれば、もちろん相場は反応をしまします。

とは言っても、自然災害ばかりは予想もつきません。どうすることも出来ないので皆さんの無事を祈るばかりですね。

相場を動かす5つのニュース まとめ

相場を動かす5つのニュースに共通する事は、

トレードは見送るという事です。

こうした、相場を動かすニュースは事前に予想されていることが多く、今ではFX口座を持っていれば誰でも把握する事が出来ます。

ただ、こうした背景からトレードを博打のような感覚で行ってしまう人も少なからずいらっしゃいます。

これは、ギャンブルトレードです。

もちろん、思った方向に動けば良いかもしれませんが、逆に動くことだってあります。

予想より良い数字でも、相場が好感を示さずに逆に動くこともあります。

誰も予想は付かないんです。

しかし、相場の発言や発表が終われば

相場は方向性を示してくれます。

その後にトレードしても決して遅くはありません。

ハイリターンを考えるあまり、ハイリスクを考えられなくなってしまうのはダメです。

ニュースが終わった後の、大衆の動きが相場を動かすはずですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました