FOMCとは

投資用語
スポンサーリンク

アメリカには、重要な指標が沢山ありますが、それはFOMCです。

FOMCが発表する景況判断や政策金利の発表は、1番重要視しなければなりません。

FOMCは、何をするところで、FRBと何が違うか知っていますか?

FOMCを知れば、今よりも経済の流れを知る事が出来るかもしれません。

スポンサーリンク

FOMCとは

FOMCとは、Federal Open Market Commitee(連邦公開市場委員会)の略です。

経済大国アメリカの金融政策を議論し決定する委員会です。

FOMCは、FRBの理事7名とニューヨーク連銀総裁、各地区の連銀総裁4名の計12名が参加します。

年8回開催されるFOMCの定例会合では、数年間の経済成長率や失業率・雇用、政策金利水準の見通しが発表されます。

アメリカや世界経済にとっても、FOMCの発表は大きな影響を与える事は間違いありません。

FOMCとは FRBとの違い

FOMCとは、Federal Open Market Commitee(連邦公開市場委員会)の略という話を冒頭でしましたが、

FRBは、Federal Reserve Board(連邦準備制度理事会)の略です。

日本で例えるなら、

FOMCは、日本銀行金融政策決定会合

FRBは、日本銀行

と同じような意味を持っています。

しかし、実際にFRBは銀行ではありません。FRBは議長・副議長を含む理事7名で組織されています。

そして、この7名がFOMCに参加します。

FRBは、12地区の連邦準備銀行のまとめ役

FOMCは、国の政策金利を決定する委員会

と覚えておいて良いと思います。

FOMCの役割とは

FOMCの最大の役割は、米国経済の安定です。特に物価と雇用については特に注目しています。

経済が拡大しすぎて、好景気の際には金利を上げ金融を引き締め、経済が縮小しはじめ、不景気の際には金利下げ金融緩和を行うなど、お金の流通量をコントロールします。

実際に金利の推移を見てみるとわかります。

2019年12月頃から経済状況は悪化していきます。

皆さんが御存じのコロナウィルスです。徐々に金利を下げて経済を盛り上げようとしますが、戻るばかりか感染拡大の影響で経済は悪化していきます。

そして、3月には発表を3回行い、1%の金利引き下げを行っています。FOMCとしては異例の発表です。

このように、金利の推移をみていき下がった時や上がった時に何が起きたのかを調べる事で、FOMCの動きや経済動向を知る事が出来ます。

FOMCは、景気の動向を見ながらアメリカ経済の安定をはかっているというわけです。

FOMC発表で何が起こるのか?

FOMCが発表する経済の見通しや金融政策については、世界が注目しています。

それは、なぜか世界経済の中心がアメリカだからです。

そして、経済大国アメリカは世界各国と取引をしています。輸出・輸入などのビジネスです。

その為、発表後は為替が大きく上下するときもあれば、一方方向に動き続けるといった事もあります。

また、経済の先行き見通しによっては、米国株・日本株など自国以外の株価にも影響が出かねません。

ですが、FOMCは急激な変動で混乱が起きないように、ある程度の方向性をあらかじめ示しています。

『来年は3回くらい利上げする』『デーパリングを何月に実施する』など、事前に方向性を発表していますので、チェックしておくと良いでしょう。

とはいえ、FOMCの発表時には最新の注意をはらって準備しておく必要はあります。

大事な資産を守るためにも、準備は必須です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました