FXの水平線の引き方と水平線だけで利益を出す手法の考え方

イン&アウトプッツ
Shin
Shin

水平線の先には何かが見えるはずさ(‘ω’)ノ

ドルX
ドルX

水平線を見たことあるのか?

Fポン
Fポン

豚小屋の柵は水平線じゃないぞ!

Shin
Shin

えっ?!( ゚Д゚)

と言うかなんというか、毎度お付き合い頂き有難うございます<m(__)m>

そんな御礼も兼ねて、これからも頑張って書いていきたいと思います。

さて、今回はFXの水平線について書いていこうと思います。最初は誰しも通る道なんですが軽視している人は沢山います。

最初から稼ごうとして、いろんなインジケーターを駆使しているにも関わらずFXで全然稼げないと悩んでいる人には今回の記事で気づくことが多いと思います。

初心に帰って初心忘るべからず(‘ω’)ノ

という事で、今回の記事の対象となる方はコチラ(‘ω’)ノ

水平線の引き方を学ぼうの会 会員規約
  • FX初心者の方
  • FXで水平線の引き方を知りたい方
  • 水平線の手法を知りたい方
  • インジケーターを色々変えている方
  • FXで利益を出したい方

という事で、早速紹介をしていきたいと思います。

FXの水平線の引き方と水平線だけで利益を出す手法の考え方 その①水平線を知ろう

そもそもFXにおいて水平線の役割を知っていますか?単に線だけを引いているわけではありません。水平線は、

トレーダーの心理が変わる境界線

だと思って頂ければ良いかなと思います。

FXトレーダーの心理が変わる境界線を引きくことが水平線のもっとも意味する事だと思っています。

その水平線の代表的な言い方が、レジスタンスラインサポートラインという事になります。

FXの水平線 レジスタンスライン

水平線の1つにレジスタンスラインがあります。レジスタンスラインと聞いても余りピンと来ないかもしれません。

レジスタンスの意味は御存知ですか?レジスタンスとは抵抗するという意味です。

このレジスタンスの意味を知ると、レジスタンスラインの意味も何となく分かってくるんじゃないでしょうか?

レジスタンスラインは、抵抗水平線とでも言いますか値動きに対して抵抗をしていく水平線の事です。

実際のチャートに水平線を引いてみました。

意識高過ぎ水平さんですよね。前回の高値に綺麗に反発されていると思われがちですが、実はもっと前にわかる事なんです。

その前の一番高い高値のネックラインと言うのも正解ですが違います。

それは、もっと前にわかっていたことです。

その正解は次で紹介します。

FXの水平線 サポートライン

FXの水平線の1つであるサポートラインは、サポートが支えるという意味ですのでサポートラインの意味合いはわかるかと思います。

では、実際のサポートラインである水平線をチャートに引いてみます。

物凄く意識されているサポートラインですね。これは強力だと誰もが思うと思います。

でこのラインですが、実は先ほどのレジスタンスラインです。何週間か前に遡っているだけです。

先ほどのレジスタンスラインの時の正解は、これです。

以前にサポートラインとして強く意識されていた水平線なんです。

こんな風に、実はサポートラインとレジスタンスラインは表裏一体になっていることが多いので、引いた時は過去に遡ってみてみると良いと思います。

FXの水平線の引き方と水平線だけで利益を出す手法の考え方  その②水平線の引き方

サポートラインとレジスタンスラインの水平線は、覚えて頂けたかと思います。これからは、水平線の引き方や自分のトレードに合わせた水平線の引き方を知って頂きたいと思います。

まずは、基本的な水平線の引き方について解説させて頂きます。このまま同じように水平線を引いていただいても良いですし、自分にわかりやすい形で水平線を引いてみるのも良いと思います。

水平線の引き方

最初の方に伝えさせていただいたと思いますが、FXの水平線は

トレーダーの心理が変わる境界線です。

これを確認しながら水平線を引くようにしなければなりません。FX初心者の方は、トレーダーの心理が変わる境界線を捉えにくいと感じるかも知れませんが、問題はありません。誰でも出来ます。

今までFXで水平線を重視していない人、『こんな簡単ならなんでやらなかったんだろう』と思うと思います。

では、チャートを見てみようと思います。

これはポンド円の1時間足です。これで水平線を引いてみます。皆さんはどの様に引きますか?

水平線を引くときに意識して欲しい事は、FXトレーダーが意識している水平線を引くという事です。

FXトレーダーは損失が限りなく少ない『買える場所』『売れる場所』を絶えず探しています。

という事は、売れる高値と買える安値を基準として考える事になります。

この場合、チャートの高値と安値は

ここになると思います。細かく引こうと思えばもっと細かく引くことも出来ますが、それは安定してからでも遅くありませんし待つことも大事です。

実際に水平線を引いてみます。

真ん中の水平線は、レジスタンスラインとサポートラインの両方を兼ねていることが水平線を引くことで明確化してきたと思います。

この水平線を未来のチャートまで進めてみたいと思います。

未来のチャートに進めても、先ほど引いた水平線は機能していることが分かりますね。

未来では、先ほど引いた水平線の1番下の水平線が機能しています。

これを30分足で見てみると

この様になりました(‘ω’)ノ

未来でも機能している水平線は、トレードにも役にたつことがわかって頂けたかと思います。

今は1時間足で引いてみましたが、4時間足・日足・週足などで引いておくことも大切です。

このチャートにも、引いてみて見ましょう。色が同じだとわかりにくいので色を時間足ごとに変えてみます。4時間足を水色・日足を黄色の太線・週足を水色の太線にしてみます。

日足や週足を見れるようにするために、4時間足で表示してみました。

こうしてみると、まだ引けそうな意識されている個所もありますね。とは言え、ポンド円は次の目標値まで下がる可能性も大いにありますね。楽しみです。

水平線を引いていると、4時間足と週足の水平線が重なる時もあります。そういう時は色を分けてみたり、太さを変えてみたりして意識するようにしてみると良いと思います。

FXの水平線の引き方と水平線だけで利益を出す手法の考え方 その③水平線のトレード方法

最後に水平線のトレード方法ですが、ここまで読んで頂けた方は水平線のトレード方法を何となくわかっているんじゃないかと思います。

そうです。水平線の反発を見計らってエントリーをしていきます。

こういう感じでエントリーしていくようになりますが、その日その日で気にして欲しい事があります。それは

売りと買い、どっちが強いのか?!

という事です。これはトレードしている上位足を見たり相場環境が関係している時も十分にありますが、言いたいことは1つ

優位性のあるトレードをするという事です。

買いが強い日に、水平線の近くに来たから売りを入れる。売りが強い日に水平線の近くに来たから買いを入れる。

これは、優位性のあるトレードとは決して言えません。

ですので、売りが強い日は売れる場所を探す、買いが強い日は買える場所を探す。

こういったトレードをするために、水平線を用いてくれれば優勢のあるトレードが出来るようになると思います。

FXの水平線の引き方と水平線だけで利益を出す手法の考え方 まとめ

いかがでしたでしょうか?水平線の使い方を少しでも理解できるような記事になっていましたか?

FXトレードは多数が勝つ相場です。大衆が意識する水平線が引けるようになると、トレードの幅もかなり向上すると思います。

水平線を引くことで、今まで見えなかったことが見えてきたり、気づきが出来てくれば利益を出せるようになるのも近いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました