FXの証拠金と証拠金維持率の計算方法

イン&アウトプッツ
Shin
Shin

もうすぐ80キロ切りそうです(‘ω’)ノ

ドルX
ドルX

ダメ!80キロはキープして!

Fポン
Fポン

肉の値段が格段に下がる!!

Shin
Shin

肉の維持率ハンパねぇ( ゚Д゚)

証拠金と証拠金維持率は御存知ですか?しっかりと理解していないと損失が出た時にトレードが出来なくなってしまうので、多少は理解しておく必要があると思います。

証拠金や証拠金維持率を知らない人は、こちらの記事で知っておいて損はないと思いますよ(‘ω’)ノ

そんなに長くはないので、30秒で理解できます(‘ω’)ノ

FXの証拠金と証拠金維持率の計算方法

FXの証拠金は、通貨を取引する為に必要な金額の事を言います。

レバレッジを効かせても良し、レバレッジを効かせなくても良しです。

証拠金は、取引する為に必要な最低限度の投資資金です。

例えば、1万通貨を取引したいと思ったらドル円が100円の場合は

100円×1万通貨=100万円となりますので、最低100万円が必要になります。

レバレッジを効かせた場合は、100万÷25倍=4万円となりますのでレバレッジを使用するなら最低4万円が取引するのに必要な最低資金です。

1万通貨を取引するのに、

レバレッジなしなら、100万円が最低証拠金

レバレッジを25倍で使用するなら、4万円が最低証拠金

これが、FXで言う証拠金の概念となります。

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率は、FXを取引している証拠金が取引しているトレードに対して、どれほど証拠金を維持しているかを示すものです。

トレードに対して証拠金維持率が100%の場合、100%以下の証拠金維持率の場合は、国内のFX業者は証拠金不足となり凄く良いタイミングで取引できそうな通貨ペアが存在しても取引できません。

ですので、証拠金維持率はしっかりと保つ必要があります。

また、国内の場合は40%~50%の証拠金維持率になると強制的にトレードを終了させられてしまいますので十分注意が必要です。

証拠金維持率の計算方法ですが、

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

有効証拠金は、口座に入っている投資資金から利益・損失を含めた金額となります。

1万通貨を取引するのに、レバレッジを効かせると4万円が必要と言いました。この時10万円が口座に入っているとすれば

10万円が有効証拠金÷4万が必要証拠金×100=250%が証拠金維持率となります。

仮に、2万円の損失が出ていた場合

10万ー2万で8万が有効証拠金÷4万が必要証拠金×100=200%が証拠金維持率です。

2万円の利益が出ていた場合

10万+2万で12万が有効証拠金÷4万が必要証拠金×100=300%が証拠金維持率となる計算です。

国内のFX業者にもよりますが、国内は証拠金維持率が厳しいので50%は維持率を切らない様にした方が良いです。

欲を言えば、国内の証拠金維持率は100%が最低ラインだと思います。

FXの証拠金と証拠金維持率の計算方法 まとめ

証拠金と証拠金維持率の考え方は、理解できる記事になっていましたでしょうか(‘ω’)ノ

FXトレードをする上では、証拠金と証拠金維持率の根本は知っておいて損はないとおもいますので、この機会に覚えて頂けると嬉しいです。

国内の証拠金維持率は、海外に比べれば2倍以上に高いのです。投資資金は少ないけど、証拠金維持率は余裕をもって取引したい方には、証拠金維持率が低い海外口座もオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました