FXの税金は国内と海外で何が違う?!税金の種類から比較まで公開

イン&アウトプッツ
Shin
Shin

FXの税金ていくらかかるか不安

ドルX
ドルX

ブタに税金かかるの?!

Fポン
Fポン

ブタは丸いから税金0!!

Shin
Shin

それ、カロリー!!

という事で、今回はFXに掛かる税金に関して紹介させて頂きます。

FXは海外業者と国内業者で税金が違うのを御存知ですか?

FXやっているけど、海外の税金を知りたい!国内の税金を知りたい!どっちの方が得するの!?といった疑問を解消できる記事になりました(‘ω’)ノ

良かったら読み進めてみて下さいね(‘ω’)

税金はいつからいつまで?!

税金を計算するという事は、収入を計算しなければなりません。計算期間としては、

1月1日から12月31日までの1年間が計算期間となります。

1年間の収入を計算したうえで、それに対しての税金が決まります。

FXも同じですので、覚えておいて損はないと思います。

税金の対象者は、国内・海外統一なの?!

国内FX業者を使っている人も、海外FX業者を使っている人も、税金の対象は一緒になります。

給与所得の方は、20万以上が税金の対象

それ以外の方は、38万円以上が税金の対象

と言うようになり、確定申告をする必要があります。

それでは、FXの税金が国内と海外でどれほど違うのか紹介していきますね。

国内FX業者を使っている場合の税金

国内FX業者を使用している場合の税金の種類を説明します。国内の場合は

FXの利益が申告分離課税になります。

申告分離課税は、他の収入とは別で計算されます。ですので、本業を持っている人でFXの利益を出している人は

FXはFXの税金、本業は本業の税金と言うように分けて税金を支払うようになります。

申告分離課税の税率は、一律20.315%となります。

21万でも20.315%ですし、500万でも20.315%です。

税金が一律の良い所は、稼いでも税金が変わらないという事ですね。

国内FX業者の利益は繰り越し計算が出来る

国内FX業者を使用している人は、収支の繰り越し計算が出来ます。

繰り越しが出来るのは3年間です。

たとえば、

1年目が-300万円、2年目が-50万円、3年目が+600万円だった場合

利益が600万、損失が350万ですので差し引くと3年間の収支は+150万円になります。

この場合は、3年分の収支+150万に対して税金が課せられます。

ですので、仮に3年間の収支が20万以上にならなかった場合は税金を納める必要がなくなるわけです。

繰り越し計算が出来るのは、ありがたい事ですね。

海外FX業者を使っている場合の税金

海外FX業者を使っている場合の税金は、

総合課税になります。

総合課税は、全ての収支の合計で税金が決まる仕組みです。

給与所得がある人は、給与とFXの利益を合算した合計に税金が課せられます。

海外FX口座を使用している場合の税率は表で表しますね。

合算金額~195万円196万円~330万円331万円~695万円696万円~900万円
税率5%10%20.42%23.483%
控除額0円9.7万42.75万円63.6万円

となっていて、4,000万円以上になると45%以上の総合課税が課せられます。

総合課税は、稼ぐにつれて税金が高くなってきます。

海外FXの場合は繰り越し計算が出来ない

国内は3年間の繰り越し計算が出来ましたが、海外のFX口座を使用している収支は繰り越しが出来ません。

海外と国内の両方を使っている場合は、注意が必要です。

海外FX業者特有のボーナス付与はどうなるのか?!

海外FX業者は、国内FX業者と違って入金ボーナスがあります。

この入金ボーナスは税金の対象にはなりませ。

ただし、ボーナスで出した利益は税金の対象になりますので注意が必要です。

国内と海外の税金対策はあるの?!

税金の対象となるのは、収支で出した利益です。

入があれば、当然出があります。

収入を得るために使用した支出は、税金の対象にはなりません。

例えば、FXの利益を出すために勉強した本

FXの利益を出すために参加したセミナーや交通費

FXの利益を出すために買ったPC等

FXの利益を出すために使用した金銭は経費として扱われます。

1年で30万の収入が出しました。経費が11万でした。利益は19万です。

この場合の税金対象は19万円ですので、税金の対象にはなります。

しかし、こうした経費を認めてもらうためには領収書や帳簿をつける必要がありますので何もしていない場合は認めて貰えない可能性があります。

しっかり証拠を残しておくことが必要になります。

国内FX業者と海外FX業者の比較

海外と国内の税金を比べると、一長一短がありますね。

国内は給与所得とは別で税金は一律の税率

海外は給与所得と合算で税金は変動型の税率

これらを考えると、給与との合算で国内の税率を超えるまでは海外、超えてしまう可能性があれば国内に変える事の方が良いような気がします。

自分の給与所得とFXの利益を見定めて決める方が良さそうですね。

とは言え、ある程度利益が出るまでは海外の方が何かと都合が良いと思います。

特にFX初心者の方は海外の方が、取引やレバレッジ・ロスカットの面を考えると取引しやすいのではないでしょうか

税金を理解して、賢く利益を運用していきたいですね(‘ω’)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました