移動平均線のゴールデンクロスは偽物

ちょっとした戯言
Shin
Shin

ゴールデンクロスキター!!

ドルX
ドルX

ゴールデンクロスね~

Shin
Shin

あっ!逆行した!なんで!?

Fポン
Fポン

そんなもんだよ(‘ω’)ノ

移動平均線は優れたインジケーターです。FXで使用している人も多いですし、人気のインジケーターにはかわりありません。

しかし、FXの書籍などで書かれているゴールデンクロスは正直言って頼りにはなりません。

ゴールデンクロスだと思ってエントリーしたら、すぐに逆行して損切りしてしまった経験はないでしょうか?

私はあります。

なぜ逆行するのか?

それは、為替市場はランダムウォークだからです。

教科書通りのゴールデンクロスは、騙される可能性があります。

なぜなのか?今から解説させて頂きます。

移動平均線だけに頼らない

移動平均線ばかりに頼っていると、それだけにしか目がいかなくなります。

それは、金銭が絡んでいる事が原因の1つです。冷静ではいられなくなります。

移動平均線は優れたインジケーターですので、信じてしまう気持ちもわかります。

しかし、相場を動かしているのは市場心理です。

移動平均線にも市場の心理はわかりません。

移動平均線がわかるのは、過去の終値の平均値だけです。

移動平均線に頼るという事は、過去のロウソク足の終値の平均に頼っているということ以外ありません。

過去の自分から今の自分が想像できましたか?

市場心理をプラスする

移動平均線に市場心理をプラスする事で、移動平均線の信頼性が増します。

それは、ロウソク足の形・勢い・値幅です。

移動平均線は皆が意識している過去の終値の平均値です。上回れば買い・下回れば売りと言われますが、それだけを信じていては足元をすくわれてしまう可能性が高くなってしまいます。

今の価格が買いなのか・売りなのかを教えてくれるシグナルはロウソク足です。

市場心理が詰まったロウソク足をプラスする事で、移動平均線の価値は何倍にも膨れ上がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました