仮想通貨を始める前に読んでおきたい、仮想通貨の基礎知識

仮想通貨
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨の始まり

何かと話題の仮想通貨ですが、仮想通貨の始まりは2008年10月にStoshi Nakamotoと名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によってスタートしました。

その後、2009年1月に論文の理論を実現するためのソフトウェアがインターネット上でオープンソースされます。

オープンソースされた事で、プログラマーや研究者の手によって開発が進み最初の取引が行われています。この時に誕生した最初の仮想通貨が『ビットコイン』です。

Shin
Shin

オープンソースは、インターネット上で広く公開されることを意味しています。理解しやすいプログラミング言語が書かれたコードを公開することで誰でも自由に使用出来たり、複製したり出来ます。

ビットコインの場合は、サトシ・ナカモト氏が発表した論文を基にオープンソースで研究者やプログラマーによって開発が進み誕生したというわけです。

その1年後の2010年2月にビットコインが取引できる取引所が誕生します。それから約10年の歳月が流れていますが、現在のビットコインの時価を考えると当初からビットコインを保持している人は膨大な価値を所有している事になります。

仮想通貨の仕組み

仮想通貨は、インターネット上に存在する通貨ですが、それだけでは今の様に価値のある通貨とはならなかったと思います。

実は、ここに仮想通貨が価値のある通貨として認められた技術が存在していたのです。

それが、ブロックチェーン技術です。

ブロックチェーン技術とは、様々な取引がチェーンで繋げられている技術の事です。

このブロックチェーン技術によって、全ての取引が記録され理論的に誰が誰と取引をして、誰の手に渡ったのかが分かるようになっています。

現代の中で、不正や改ざんの判別が非常に困難ではありますが、ブロックチェーンの技術によって不正や改ざんを判別することが出来る点や所有者を追跡できる点が仮想通貨の価値を高める要因ではないかと思います。

仮想通貨の具体的な3つ利用方法

仮想通貨の利用方法は様々ですが、ここでは代表的な3つの利用方法についてご紹介させて頂きます。

仮想通貨の具体的な利用方法 その①送金と決済

仮想通貨はインターネット上の通貨である為、送金や決済といった利用が可能です。

日本では、ほとんど普及していませんが、海外では大手企業から中小企業まで決済手段としてビットコインを採用しています。

日本円などで海外の物を購入する場合は、換金や送金に手数料がとられてしまいますが、仮想通貨を利用する事で割と安い手数料で行う事が出来ます。

日本で普及する頃には、世界各国で使用できるようになっているのではないでしょうか

これも、仮想通貨がブロックチェーン技術で信頼性の高い価値を生み出している証拠だと言えます。

仮想通貨の具体的な利用方法 その②NFT

NFTは、非代替性トークンです。唯一無二の存在という意味です。

NFT自体は最近何かと話題になっているので、御存知の方も多いのではないでょうか?

実は、NFTは仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンを利用している事が多いです。ですので、取引する際にはイーサリアムを所持することが必要になってきます。

このNFTも仮想通貨同様に、ブロックチェーン技術を用いて所有者をブロックごとにチェーンで繋いで取引などに不正が出ない様にしています。

ブロックチェーン技術を駆使する事によって、非代替性トークンと呼ばれる唯一無二の価値を生み出しているわけですね。

このNFTですが、絵画やゲームアイテム、動画や創作品など様々な分野で取引がされています。

取引価格も数千円~数十億円と高額の取引も行われていますので、皆さんが描いた絵や作成した動画もNET化して販売できるかもしれません。

NFT市場の可能性は、日本だけではなく世界の人々が相手ということです。

需要が世界中にあるということは、可能性は無限に広がっていると考えられます。

仮想通貨の具体的な利用方法 その③投資

仮想通貨は価格が固定されておらず、その流動性から価格変動を利用して投資を行うことが出来ます。

全世界には数多くの取引所や交換所があり、365日24時間取引が可能です。

他の投資と違って、仮想通貨の取引には休みがありません。ですので、土日しか休みが取れないという方には仮想通貨の取引は向いているのかも知れませんね。

仮想通貨は、ビットコインとそれ以外のアルトコインの呼称です。仮想通貨の種類は数千種類にも及び、目的や用途は様々です。

現在人気のある仮想通貨に投資をするのも良いですし、これからの将来性に期待して投資するのも良いかと思います。

仮想通貨取引人口

10年間という歳月の中で、膨大な価値を持ったビットコインですので、これから仮想通貨を取引しようとしている方や仮想通貨を現物で購入して所有してみようという方も多いのではないでしょうか

日本ではどれくらいの取引がされているかというと、日本暗号資産取引業協会の情報を見ればわかります。その情報によれば

・現物取引高2兆500億円(現物取引とは、投資資金の範囲内で購入する事です。)

・証拠金取引高3兆3千億円(証拠金取引とは、投資資金をレバレッジ倍率をかけた金額の範囲内で購入する事です。)

市場規模としては、まだまだ大きくはありませんが日本人の20人に1人が仮想通貨取引を行っているという事がわかっています。

仮想通貨取引を始める前に行うこと 資金管理

仮想通貨取引初心者の方が、まず初めにやらなければならない事は口座を開設する事ではありません。

早く口座を開設して取引をしたい気持ちもわかりますが、最初に初心者の方が考えなければならない事は投資資金です。

なぜ投資資金をはじめに考えなければならないかと言うと、仮想通貨取引には『現物取引』と『証拠金取引』の2種類が存在するからです。

現物取引と証拠金取引の違いは、リスクを大きくとるかとらないかです。

5万円の投資資金があったとします。

現物取引は、仮想通貨を買うのに5万円しか使えません。ただ、損をしても5万円までです。

証拠金取引は、仮想通貨を買うのに5万円をレバレッジ倍率を使って何倍にして元手以上の取引を行う事が出来ます。しかし、5万円以上の損をする可能性もあります。

どちらの取引をメインに行い、そのために投資資金をどれくらい用意するのか?

これを最初に決めておかないと、初心者の方が仮想通貨取引を行った場合に何もわからずに資金を失ってしまうリスクに繋がります。

投資資金に合った口座開設や取引をする事が、最終的にベストな選択に繋がりやすくなります。

仮想通貨取引を始める前に行うこと 口座開設

取引方法や投資資金が決まってきたら、自分にあった口座を選び開設してきます。

1つの口座だけを開設して取引を行っても良いですし、用途に分けて口座を開設して取引を行うのもありです。

口座が決まったら、新規口座開設を行うのですが必ず必要になるものがあります。

それは、身分を証明するものです。

少し前までは、身分を証明するものも1点のみで良かったのですが、現在では3点ほど身分を証明するものが必要になります。

口座開設の時に必要な身分証明書は、

・運転免許証やパスポート

・直近の住民票や光熱費などの請求書

・マイナンバーカード(日本口座開設時に必要)

この3点です。また、身分証明書と一緒に写ってる本人画像も必要になっています。

新規口座開設を行い、身分証明書が確認されて承認されると書面が届きますので、届いたら書面に沿って手続きを行い取引開始する事が出来ます。

書面が届く前に取引できるところもあります。書面などのやり取りは口座開設をする業者によって違います。

仮想通貨取引を始める前に行うこと 銀行口座

口座を開設すると口座に入金をしたり、利益が出れば出金をしたりするようになります。

日本や海外に関わらず、仮想通貨の新規口座を開設する時は、その業者に合わせて銀行の口座を開設すると取引がスムーズになります。

日本のみの対応や、海外も対応している銀行などがあります。

また、クレジット機能を使って入金できる口座もあります。クレジット機能を使うとポイントが貯まったりする場合もありますので、お得な方法で選ぶのも良いかと思います。

銀行口座の選び方は、結構重要になってきます。仮想通貨取引を行うのであれば、メリットがある銀行口座を選んでおきましょう。

仮想通貨をはじめよう!!

ここまでの手順が出来ていれば、仮想通貨の取引を始める事が出来るようになっています。

あとは、仮想通貨の口座に入金して仮想通貨を購入すればOKです。

最初は、無理のない投資資金で行うのがベストです。仮想通貨も投資の1つです。リターンを見込んで投資するのですから、当然リスクはつきものです。

これからの将来性がある仮想通貨を選ぶのか、今話題の仮想通貨を選ぶのかは自分次第です。

ぜひ、仮想通貨取引を楽しんでくださいね。

主な仮想通貨の特徴

仮想通貨の事が少しわかってきた所で、代表的な仮想通貨と注目の仮想通貨を紹介したいと思います。特徴や目的なども注目して頂けると、これからの仮想通貨との関わり方が変わるかも知れません。

ビットコイン

ビットコインは、世界で最初に作られた仮想通貨です。2008年10月にインターネット上で公開された論文がきっかけで1年後に仮想通貨として取引が開始されています。

ビットコインの知名度は高く、今や世界的に将来性が期待された仮想通貨となっております。

自動車産業のテスラや飲料メーカーのコカ・コーラが決済手段として採用しているほか、スターバックスなどでも採用されるなど幅が広がっています。

現在、仮想通貨の時価総額1位がビットコインです。

イーサリアム

イーサリアムの特徴は、スマートコントラクト機能がある事です。スマートコントラクト機能は、設定した契約や行動に対して瞬時に決済が行われます。

複雑な取引や契約を行う事が出来る仮想通貨で、不正や改ざんをしようとしても対象者が拒否すると失敗する優秀な仕組みを有しています。

これにより、イーサリアムに用いている技術がNFTに使用されるなど、世界的にもビットコインの次に注目度が高い仮想通貨です。

様々な用途に使用されているイーサリアムの将来性は、非常に高いと言ってもいいでしょう。

モナコイン

モナコインは、日本で誕生した仮想通貨です。

日本最大の掲示板2チャンネルの『モナー』をイメージキャラクターにした仮想通貨です。

モナコインは、個人情報を開示せずに送金が出来るので、投げ銭として利用される事が多いのが特徴です。

これから、コミュニティが活発になったり、独自のサービスなどが増えてくれば価格の高騰が見込める仮想通貨となるでしょう。

国産の仮想通貨があるとは驚きですね。

リスク

リスクは、JavaScriptというメジャーなプログラミング言語を用いた開発中の仮想通貨です。

招待的には、イーサリアムにも使用されているスマートコントラクト機能がの採用を目指しているという事です。

この仮想通貨の特徴ですが、取引所によってはリスクを保有すると利子や配当金といったインカムゲインが貰えます。

ライトコイン

ライトコインは、世界のオンライン決済サービス大手ペイパルが、ビットコインよりも優れた決済スピードを有し決済手数料が安い事から取り扱う事を決定した仮想通貨です。

そのスピードは、ビットコインの約4倍速いと言われています。

今後、ビットコインに変わってライトコインが決済通貨の座を奪う事になれば、今の価値の比ではないと思います。

ビットコインとアルトコインの違い

ビットコインとアルトコインの大きな違いはありません。アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の総称を指しています。ですので、リップルやイーサリアムもアルトコインの分類になります。

ただ、違いをあげるとすれば仮想通貨の開発目的が違うと言ったところでしょうか。金融機関での決済や送金目的、プラットフォームでの提供目的など作成する人の思惑や使用する人々のニーズを考えながら開発が続けられています。

日本で言えば、首都東京がビットコイン、それ以外の県はアルトコインでビットコインの代わりになるように開発を進めていると言ったところでしょうか。

仮想通貨取引をするのに、それほどの差はないという事です。

草コインとは

草コインは、アルトコインの中でも時価総額が小さく知名度が低い仮想通貨の総称です。

1桁~3桁くらいで買える仮想通貨が草コインと言って良いでしょう。

草コインはアルトコインの中でも時価総額や知名度は低いですが、その分伸びる可能性も十分に秘めています。

例えば10円の草コインを5万円分現物購入したとします。もし価値が0円になってしまったら5万円の損失ですが、仮に100円になった場合は50万円となって45万円の利益が出ます。

将来性のある草コインであれば長期保有を目安に買ってみても良いのではないでしょうか

もちろん、リスクは考えなければいけません。

電子マネーと仮想通貨の違い

仮想通貨と電子マネーは、元々の発行元が違います。

仮想通貨は、マイニングと呼ばれる複雑な計算を行ってデータ作業をし、新規発行されます。

電子マネーは、企業や交通機関などの目的によって発行され、現金をデジタル化して使用する日本銀行に認可されている法的通貨です。

この他にも、仮想通貨には資金決済法が、仮想通貨には仮想通貨法が適用されているなど様々な点で仮想通貨と電子マネーは違いがあります。

各国独自の仮想通貨が誕生する日が近い

世界各国でも独自の仮想通貨の研究が話題となっています。ブロックチェーン技術によって、不正や詐欺被害が少なくなるのであれば国の法定通貨や世界の基軸通貨が仮想通貨になる事も考えられます。

昔は物々交換や、漫画で見るような石の通貨、金や銀で出来た通貨、今の紙幣や硬貨など、歴史の流れに沿って通貨も形を変え変化し続けています。

デジタル化が進む中で、これから先の仮想通貨の将来性は非常に高いと言えるのではないでしょうか。

国が法定通貨として仮想通貨を採用される日も、遠くないような気がしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました