投資信託とは?!成り立ちやしくみ、倒産時の対応まで詳しく解説

投資信託
スポンサーリンク

投資信託は、投資家から集めたお金で株式指数や債券・コモディティといった投資対象に対して、運用の専門家が投資・運用する商品のことを言います。

ETFと投資信託を一緒に考えている方もいますが、株式市場に上場している投資信託をETF、上場していなければ投資信託と一般的に呼ばれています。

【ETFはコチラの記事が参考になります】

投資信託はETFのように上場はしていませんが、NISAやiDeCoにも投資信託の商品が存在してます。

特に米国株式指数S&P500を投資対象とした商品は高い人気があります。

【S&P500はコチラの記事が参考になります】

投資信託の商品は、将来的な資産形成に役立つから買うのではなく、投資信託の成り立ちやしくみを知っておくことで、運用する楽しさを感じる事もできますので最後まで読んで頂ければ思います。

スポンサーリンク

投資信託とは

投資信託はファンドとも呼ばれ、株式指数や債券・コモディティといった投資対象に対して専門家が投資・運用する商品の事です。

その商品に対して、投資家の方から資金を集めて投資・運用していきます。

皆さんが積み立てしているNISAやiDeCoを通して投資信託の商品に投資しているようであれば、そのお金も専門家が運用してくれています。

投資信託はどのようにつくられるのか

投資信託は、「投資信託運用会社」が作っています。

Shin
Shin

投資信託運用会社は、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社、三菱UFJ国際投信株式会社などがあるよ。

投資信託運用会社でつくられた投資信託は、投資信託運用会社の指示によって「販売会社」で投資家に売られます。

ドルX
ドルX

販売会社は、証券会社や郵便局、保険会社など投資信託運用会社と投資家の仲介役をしているんだよ。

販売会社が投資家から受け取ったお金は、「信託銀行」によって保管され、投資信託運用会社の指示によって管理・運用されます。

Fポン
Fポン

信託銀行は、普通の銀行と違って信託業務(財産を管理・運用)と併営業務(証券代行業務・不動産売買の仲介)を行っている銀行のことだよ。

投資信託は、投資信託運用会社・販売会社・信託銀行の3社が連携して、投資家の方たちが商品に投資しやすい仕組みを作っています。

会社が倒産した場合はどうなる

投資信託運用会社・信託銀行・販売会社が倒産した場合は、投資した商品はどうなるのでしょうか

答えは2つあります。

1つは、別の会社に引き継がれて運用されます。

もう1つは、倒産時の基準価額で現金化され返還されます。

別の会社に引き継がれる

投資信託運用会社が倒産した場合は、別の投資信託運用会社によって引き継がれます。

販売会社が倒産した場合は、別の販売会社が購入された投資信託商品を引き継ぎます。

信託銀行が倒産した場合は、他の信託銀行に投資家のお金が引き継がれてます。

1つの投資信託商品を形成している3社が倒産しても、引き継いでくれる会社がある場合は、引き継ぎをし継続して運用されます。

倒産時の基準価額で返還される

投資信託運用会社・販売会社・信託銀行のうち、投資信託運用会社と信託銀行が倒産して引き継がれない場合は、

倒産時の基準価額で返還されます。

この場合、考えられるリスクは

  • 投資信託商品を引き継いでも魅力がないと判断された
  • 基準価額が投資当初より減っている可能性がある

という2つの事が考えられます。

投資信託運用会社や信託銀行は、1つや2つではなく国内でもたくさん存在します。

それでも、引き継いでくれないという事は、投資対象としてのメリットがないと判断されたからだと考えられます。

また、基準価額で返還されたときは、投資当初より減額されている可能性があることも考えておかなければなりません。

投資信託の商品は、長期運用で放置する方もいますが、こういった事に直面しないように定期的に基準価額や純資産額を見ておく必要があります。

基準価額と純資産総額

基準価額は、投資信託商品1口あたりの時価価格です。

純資産総額は、集めた資産から手数料などを引いた資金総額です。

基準価額の発表時期とリスク

基準価額は、国内か海外かによって発表の時期が違います。

なぜかと言うと、市場が開閉する時間が違うからです。

基準価額は、当日最終値を考慮したうえで決定されます。

ですので、日中に買った基準価額は前日の終値を考慮したうえで決定した価格です。

次の日には基準価格は下がっていることは普通にあります。

翌日から損失を出さないためにも、投資信託が対象としている指数や債券・コモディティも見るようにしましょう。

純資産総額の考え方

純資産総額は、基準価額と保有する口数をかけあわせたものです。

純資産額総額は、主に2つの要素で変動します。

1つは、資金の流出入です。これは投資では一般的ですが投資信託商品を購入する人が多ければ価格は上がりますし、売る人が多ければ価格は下がります。

もう1つは、投資対象としている指数や債券・コモディティなどの価格変動です。投資対象に投資しているわけですから、投資対象の変動があれば必然的に投資信託商品も変動するというわけです。

投資信託をしているからといって、投資信託が投資をしている対象を軽視しているとリスクに直結してしまいます。

投資信託が対象としている投資先もしっかり見ておきましょう。

基準価額と純資産総額からみる投資信託

投資信託商品を選ぶ中で、何気なく選んでいる方も多いのではないでしょうか

基準価額と純資産額が高い投資信託商品は、人気があり安定に優れていると考えられるかもしれません。

しかし、単純に純資産総額が増えているから、基準価額が増えているから良い投資信託商品とは限りません。

低くても将来性に優れている、高くても将来性が優れていないと大きな失敗をする可能性があります。

投資信託商品を知って投資するためにも、しっかりと目録見積書を確認しておきましょう。

Shin
Shin

目録見積書は、投資信託商品の説明が書かれている書面の事だよ。口数・コストなどの重要な事柄も書いてあるから必ずチェックして欲しい

インデックスファンドとアクティブファンドとは

インデックスファンドとアクティブファンドは、投資信託商品の種類を表しています。

投資信託は、ファンドと言います。

ファンドの前についてるインデックスとアクティブの事を知れば、そういう投資信託商品なんだなと理解が深まると思います。

インデックスファンドとは

インデックスファンドとは、指数(インデックス)と連動させた投資信託商品の事です。

たとえば、S&P500に連動させた投資信託商品の事をインデックス投資信託やインデックス型と明記されている事があると思います。

同じように、TOPIXやNYダウに連動した投資信託も存在します。

このように、特定の指数に連動させて運用の成果を出す投資信託商品の事をインデックスファンドと言います。

アクティブファンドとは

アクティブファンドとは、ハイリターン・ハイリスクの投資信託商品のことです。

アクティブ(積極的)に投資する投資信託(ファンド)です。

インデックスファンドは連動を目標としていますが、アクティブファンドは連動以上を目標としています。

連動以上を目標としているということは、それだけのリスクをとって投資するということです。

ハイリスク・ハイリターンと手数料などもインデックスファンドと比べるとかなり割高です。

運用コストや将来性を考えながら、アクティブファンドに投資することを考えていきましょう。

投資信託 まとめ

iDeCoやNISAで投資信託を知った人も多いと思います。

投資信託商品には、将来性に優れた商品もたくさんあります。

ただ、みんなが買っているから買う、みんなが投資しているから将来の資産をつくるためにも投資しておこう、というのはやめた方がいいと思います。

どんな投資にも、必ずリスクがあります。

投資をする前に、かならず商品の事を知ってから投資することをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました